スバル「プレオ プラス」を発表

【かんたん新車見積もり(無料)】

スバルは、ダイハツよりOEM供給を受けるモデル、新型「スバル プレオ プラス」を12月21日より販売開始する(ベースモデルはダイハツ ミライース)。

スバル プレオ プラスのグレード・価格など詳細はこちら

プレオ プラスは、 ガソリン車トップレベルの30.0km/L(JC08 モード燃費値)という低燃費、扱いやすいジャストサイズ、優れた安全性を確保し、販売価格(消費税込)は79.5万円~121万7500円。

スバル プレオ プラス

環境性能

完全に車両が停止する前(約7km/h以下)にエンジンを自動停止する「停車前アイドリングストップ」、減速時の走行車両の運動エネルギーをオルタネーターが電気エネルギーに変換してバッテリーに回生する「エコ発電充電制御」、「高効率エンジンとCVT の採用」、ボディ骨格の設計合理化、内装パーツの構造見直しなど様々な軽量化の取り組みなどが行なわれ、ガソリン車トップレベルの低燃費30.0km/L(JC08モード燃費値)を実現。

ルミネセントデジタルメーターを採用し、エコドライブアシスト照明などにより、エコドライブをわかりやすく サポートする。 全車エコカー減税(環境対応車普及促進税制)免税レベルに適合。

パッケージ/ユーティリティ

コンパクトボディながら、実用性と快適性を追求した合理的なパッケージを採用。 前後席間距離は930mm と大人でも十分ゆとりのある足元スペースを設け、大人4人がくつろいで座れる快適な居住性を実現している。

前後のドア開口部が、ほぼ直角まで開くドアを採用し、スムーズな乗降やチャイルドシートの積み下ろしを容易にした。 カップホルダー付センターコンソールトレイ、インパネロアポケット、カーゴルームアンダーボックスなど便利な装備や収納も充実。

安全性能

高張力鋼板を効果的に使用し、軽量かつ高強度・高剛性のボディを採用。 燃費向上のために空力性能にもこだわった。

 LEDのリヤコンビランプは、高いエコロジー性能をイメージし、木の葉をモチーフとしたデザインを採用。 ルミネセントデジタルメーターや金属基調のフラッシュパネルオーディオにより、新鮮さと高い質感を演出する。 ボディカラーは、全10色を設定。

【かんたん新車見積もり(無料)】